» 未分類のブログ記事

自動車を廃車にするときには、車体そのものを解体業者に持ち込んで解体
してもらうとともに、運輸支局に抹消登録を申請することになります。
また、抹消登録とあわせて、自動車税の課税をとりやめてもらう手続きをします。
こうした手続きをするにあたっては、さまざまな証明書類などが必要
となりますが、業者に一括して依頼する場合ですと、市町村が発行した
3か月以内の印鑑登録証明書、実印、車検証などは準備しておくことに???? Vol.56 ??????????????
なります。車検証の住所・氏名と印鑑登録された住所・氏名が違う場合
などには、住民票や戸籍謄本が別に必要となります。
もし、なんらかの理由で印鑑証明書がない場合には、結論から言うと、
残念ながら抹消登録の申請は受け付けられません。ただし、自動車の解体と、
解体時に業者が発行する「使用済自動車引取証明書」をもって税金の差し止
めを行うことだけはできます。
自動車の所有者本人が死亡してしまって証明書がとれないという場合であれば、
いったん相続をして、除籍謄本と遺産分割協議書を添えて相続人への名義変更
をしたのちに、改めて廃車の申請をするのが基本です。
なお、書類不備で抹消登録ができなかったものの、車体が解体されて自動車が
存在しなくなってしまった場合には、一定の年限がたてば登録は陸運支局の
職権で自動的に抹消されます。

車検の残った車の廃車って?

| 未分類 |

車検が切れている自動車の廃車と違って、まだ有効期限が残っている自動車
の廃車は様々な払い戻しがあり、その手続きも必要です。まずどういう費用
に還付があるかと言うことですが、自動車税、自動車重量税、自賠責保険の
還付があります。このうち自動車税は有効期限とは関係なく、廃車して
ナンバープレートを返納したときが3月以外であれば月割りで還付があります。
手続きはナンバープレートを返納したときに自動車税の申告を行います。
還付は3ヶ月くらい後に郵送で通知されます。自動車重量税は完全に解体
した永久抹消のときだけ還付されます。有効期限の分を月割りで還付
されます。指定口座に振り込まれます。自賠責保険は抹消時に保険の
期間が残っていたら、自分で加入した保険会社へ行って解約の手続きをして
残りを受け取ります。返金は指定口座へ振り込まれます。金額は月割りで
はなく、今まで利用した月数の保険へ変更してその差額になりますので
、かなり少なくなります。保険の解約には廃車したことを示す公的な書類
が必要ですので、気をつける必要があります。この様に自分で手続きしない
と還付されないものもあるので注意が必要です。また軽自動車の場合は
軽自動車税には廃車による還付がありません。重量税は還付されます。

走行距離が長くなったり、年式が古くなったり、事故で破損したりして 
自動車を廃車にしようとする場合には、個人では車体の解体処理などは
当然できませんので、最寄りの自動車解体工場や自動車修理工場、
カーディーラーなどに依頼をして、引き取りをしてもらうことになります。
その際、所定の代金はかかりますが、運輸支局や自動車検査登録事務所
に対する抹消登録の手続きを代行してもらうこともあわせて依頼しておけば、
それでオーナーとしての手続きはすべて終了となります。こうした手続きの
代行にあたっては、印鑑登録証明書、委任状、車検証などの必要書類の提出
を求められます。
その後については、これらの業者が自動車リサイクル法に沿って環境負荷小物02
のないように適正に車体を解体処理し、運輸支局などに抹消登録の申請を
してナンバープレートを返納し、あわせて自動車税や自動車重量税の還付
を申請することになります。
こうした一連の流れによって、後日、自動車税や自動車重量税の残りは
役所からオーナーのもとに口座振込みなどによって還付されます。
また、自動車を取得するときに強制的に加入させられた自賠責保険に
ついても、残りの保険期間がある場合には、同様に保険会社からの
返戻金があります。

押さえておきたい廃車の疑問

| 未分類 |

廃車した場合に車検証はどうなるのでしょうか。車は手放しても何か書類 
がないと不便なような、寂しいような気がしますがどうなのでしょうか。
実は廃車の種類によります。廃車には一時抹消という一時的に登録は抹消
するが将来また登録して利用する前提の抹消と自動車自身を解体しているので、
もう二度と利用できない永久抹消があります。一時抹消の時には抹消登録証明書
という書類が出ます。この書類があるともう一度車検を受けることで自動車を
利用できるようになります。抹消登録証明書は再交付できませんので保管は
十分に気をつけてなくさないようにしましょう。永久抹消のときは何も書類
が出ません。つまり手元に自動車を利用していたことを示す公的な書類が何
もない状態になります。これでは不便なことがあります。例えば任意保険の
中断証明書の申請や、他の車で車庫と再利用する場合など、自賠責保険の残り
の解約などです。そういう場合には登録事項証明書と言う書類を出してもらい
ます。現在の登録がどうなっているかを示す書類です。永久抹消後でも出ます。
交付には陸運支局へ行く必要があるので、抹消登録をしたときに貰っておく
といいでしょう。有料で300円手数料が必要です。

一時抹消登録とは、運輸支局で自動車のナンバープレート前後2枚???? Vol.56 ??????????????
を外して、所有者の了解を示す所有者の印鑑登録証明を入手した上
で申請を行うことで、公道が走れないということで名義を抹消する
ことを言います。このことによりナンバープレートもないですし公道
は走れませんので、自動車としては使用できないということになります。
具体的な手続きは先述のとおりですが、この登録の場合はまた
ナンバープレートを付けてさらに車検を受ければ、公道を走れるよう
になります。車検証も改めて交付され新しい自動車として走ることに
なります。無論、一般的には前に誰が乗っていたのかや所有者などは
分からないことになります。
この抹消登録により自動車税は月割りで還付されてきます。課税元の
都道府県税事務所などから金券のような形で送付されてきます。
それを銀行の窓口などに持参すれば換金できるものになります。
なお、通常の抹消登録ではそれほど手間なことはありませんが、所有者
がローン会社や自動車大手ディーラーなどの場合には、ローンの返済を
終えないと所有権の留保を解除はしてくれませんので、まずはローンの
完済が必要になります。ローンの完済が終わっていれば所有者の
印鑑登録証明は簡単に取得できるということになります。

必要な手続きって?

| 未分類 |

廃車とは車籍を抹消することですが、廃車には永久登録抹消と一時登録抹消
があります。永久登録抹消は、車が古くなったり損傷がひどくなったり災害
などで行方不明になったりした時に行います。一時登録抹消は長期間の入院
などで車に乗ることがない場合に行います。一時登録末梢に必要な物は、
車検証・ナンバープレート・実印・印鑑証明・申請書・手数料納付書です。
永久登録末梢に必要な物は、一時登録抹消に必要な物にリサイクル券を加えた
物です。永久登録抹消の流れとしては、まず市町村役場で印鑑証明を発行
してもらい、ナンバープレートを取り外します。次に業者に車を解体して
もらい、解体に係る移動報告番号と解体報告記録日を書き留めておきます。
そして普通車の場合には、車検証・ナンバープレート・実印・印鑑証明書・
自動車リサイクル券を持って陸運支局に行き、申請書と手数料納付書を
入手します。軽自動車の場合には陸運支局ではなく、自動車検査登録事務所
に行きます。そしてナンバープレートや必要書類と共に自動車重量税の
還付申請書を提出します。一時登録抹消の場合には、その旨を伝えてから
一連の手続きを行います。これらは買取業者に任せてしまった方が手間も
省けますし買取も行ってくれるので得になります。

陸運局正確には運輸支局以外で廃車手続きってできるかどうかですが、
ここでいう廃車が単に自動車をスクラップにするだけであれば何も運輸支局
で手続きをしなくても、物理的な廃車つまりスクラップにすることはできます。
ただし、この場合は名義は残っているので、自動車税の課税の納付書など
は来てしまいます。都道府県税事務所の中には、自動車を解体した際に発行
してもらえる解体証明書などを持参して申請をすれば、自動車税を保留する
制度いわゆる課税保留制度がありますが、この制度はある自治体とない自治体
とがありますので、ナンバープレートの交付先の都道府県税事務所に聞いて
みる必要があります。
それ以外での正式な手続きにおいてはこの運輸支局で行う必要がありますので
、所有者の印鑑登録証明などの関係書類をそろえて提出し、廃車手続き正式
には抹消登録手続きを行う必要があります。
この手続きは原則として県内に数か所ある運輸支局で行うことになりますが、
場所によっては期間を決めて出張で運輸支局の業務を行う場合もあります。
この場合は、事前にその地域だけの登録などの希望者を確認したりするケース
があり、そこである程度申請や登録する人などを決めている場合があります。

あなたは自動車をお持ちですか、またはお持ちの自動車を運転して事故gf1950145872l
を起こす、または遭ったことはございますか。もしも自動車事故を起こし、
車両保険に入っていなかった場合、あなたはその自動車をどうしますか。
車両保険に入っていない場合、基本的には修理代が払われませんので、
ご自分での負担となります。その場合、まず考えるのは修理に掛る費用
を出してまでその車に乗り続けるのか、事故車を配車にして新しい車
購入するのかです。この選択はなかなかに難しく、新しい車を中古車
として購入するならば、事故の具合によっては下取りしてもらえるか
もしれません。つまりは残存機能がエンジン、足回り、タイヤ、
ブレーキ関係でまだまだ機能として利用できるものをスクラップ工場
で取り除くことが出来ればの話です。町の整備工場やディーラー直営
の修理工場などでは解体コスト、その他の廃棄処理コストなども発生
するため、残存機能がいくらか残っていたとしても、それらのコスト
を賄うため、下取りの費用までは払ってくれません。では、廃車にする
場合はどうでしょうか、廃車にするのにも廃車の手続きや実際に整備工場、
スクラップ工場への引取りに対して費用は発生します。

廃車と手続き周りの疑問について

| 未分類 |

廃車正確には抹消登録後とその手続き周りの疑問について、抹消登録ですでに
乗れない自動車のはずなのに再度その自動車に乗れるケースがあります。
抹消登録した後の自動車でもそのまま乗れるのかどうか不思議に思う人が
います。
これは運輸支局などで行われる抹消登録の制度が実際には自発的にするものは
2種類あることに起因します。その自動車がスクラップ状態つまり解体されている
場合にはすでに人が乗れる状態ではないので、この自動車は解体されているの
で乗れませんということになり、解体による永久的な抹消登録が行われるのが
一般的です。
それに対して一時抹消登録では、ナンバープレートの前後計2枚を運輸支局
に返納します。その上で所有者の承諾として所有者の印鑑登録証明を添付
させて処理をします。つまり自動車の原型はそのまま現物があるため、
再度ナンバープレートの交付を受ければ物理的に乗れるものですから、
再度ナンバープレートの交付を受けて乗ることができます。
このように抹消登録には主に2種類あることを知っていれば、もし売却して
業者に渡した場合であっても、その自動車がさらに誰かに転売されて、
別の人が乗るということがあり得るという話になります。