廃車と手続き周りの疑問について

| 未分類 |

廃車正確には抹消登録後とその手続き周りの疑問について、抹消登録ですでに
乗れない自動車のはずなのに再度その自動車に乗れるケースがあります。
抹消登録した後の自動車でもそのまま乗れるのかどうか不思議に思う人が
います。
これは運輸支局などで行われる抹消登録の制度が実際には自発的にするものは
2種類あることに起因します。その自動車がスクラップ状態つまり解体されている
場合にはすでに人が乗れる状態ではないので、この自動車は解体されているの
で乗れませんということになり、解体による永久的な抹消登録が行われるのが
一般的です。
それに対して一時抹消登録では、ナンバープレートの前後計2枚を運輸支局
に返納します。その上で所有者の承諾として所有者の印鑑登録証明を添付
させて処理をします。つまり自動車の原型はそのまま現物があるため、
再度ナンバープレートの交付を受ければ物理的に乗れるものですから、
再度ナンバープレートの交付を受けて乗ることができます。
このように抹消登録には主に2種類あることを知っていれば、もし売却して
業者に渡した場合であっても、その自動車がさらに誰かに転売されて、
別の人が乗るということがあり得るという話になります。