陸運局正確には運輸支局以外で廃車手続きってできるかどうかですが、
ここでいう廃車が単に自動車をスクラップにするだけであれば何も運輸支局
で手続きをしなくても、物理的な廃車つまりスクラップにすることはできます。
ただし、この場合は名義は残っているので、自動車税の課税の納付書など
は来てしまいます。都道府県税事務所の中には、自動車を解体した際に発行
してもらえる解体証明書などを持参して申請をすれば、自動車税を保留する
制度いわゆる課税保留制度がありますが、この制度はある自治体とない自治体
とがありますので、ナンバープレートの交付先の都道府県税事務所に聞いて
みる必要があります。
それ以外での正式な手続きにおいてはこの運輸支局で行う必要がありますので
、所有者の印鑑登録証明などの関係書類をそろえて提出し、廃車手続き正式
には抹消登録手続きを行う必要があります。
この手続きは原則として県内に数か所ある運輸支局で行うことになりますが、
場所によっては期間を決めて出張で運輸支局の業務を行う場合もあります。
この場合は、事前にその地域だけの登録などの希望者を確認したりするケース
があり、そこである程度申請や登録する人などを決めている場合があります。